名刺は大人の嗜み

名刺は、今自分が置かれている立場や情報を分かりやすく伝える手段です。
社会人には一番と言っていいほど必要不可欠で、取引先ともスムーズに情報交換が出来ますし、先方の情報をしっかりと知る事によって対応の仕方も変えることができます。


特に名刺交換は挨拶の一部でもあり、ビジネスマナーも求められます。
昔から根付いたものとして習慣のように行われるというイメージを持たれがちですが、ここで改めて何故名刺交換が必要なのかという重要性を考えてみたいと思います。


そもそも、何故名刺交換が必要なのか、前にも書きましたが、自分の情報を端的に先方へ伝えるツールであると同時に先方からの情報も一緒に得られるというものです。
それを挨拶の後に口で伝えるととても面倒な事になります。
肩書きや所属部署、電話番号、メールアドレス等々…人によっては自慢しているようにも聞こえてしまうかもしれません。


こうして先方にその第一印象で高圧的に聞こえてしまったり、面倒臭そうに聞こえてしまった場合、商談どころではありません。
もしかしたらその時点で成立しないかもしれないのです。
それは極論ではありますが、仕事の話をする前にそういう事も起こりかねないのは事実です。
名刺を渡す時も実は同じで、渡し方によって先方へ与える第一印象が変わってくる事もあるのです。


大事な仕事にも差し支えることのないように名刺交換でのビジネスマナーも一緒に学ぶことで大人としてのマナーも先方に伝わるようにしないといけません。